快糖茶は今話題の難消化性デキストリンが配合された機能性表示食品の健康茶です。糖質制限に悩む全ての人のダイエットをサポートしてくれます。

 

 

食後に上がる血糖値や中性脂肪の上昇抑えるためには、糖や脂肪の吸収を抑えてあげなくてはいけません。

 

ダイエットに悩む人のことを考えて作られた快糖茶ですが、効かない人もいるのでしょうか?

 

快糖茶が効かないのは使い方が原因?

快糖茶は口コミの評価も高く、痩せる効果を感じている口コミが多いです。それでも、毎日使っていて全く効かない、効果が感じられないという方はは使い方が間違っている可能性もあります。一度見直してみてください。

 

快糖茶の正しい使い方

快糖茶 正しい使い方

 

快糖茶は一日1袋を目安に飲みます。
水またはお湯で溶かして飲みましょう。

 

食事の際にいっしょに飲むことで、血糖値の急激な上昇を抑制できます。
いつでも飲むことはできますが、もっとも効果的な飲み方があります。

 

・夕食時
夕食がもっともボリュームがあり、脂っこいものを食べることが多いタイミングです。
それに合わせて飲むことで、より効果的に糖や脂肪の吸収を抑えてくれます。

 

・運動のあと
ウォーキングや軽いジョギングなどをしたあとに飲むとより効果的です。
成分に含まれるカテキンなどが脂肪の燃焼を促進します。

 

また、できるだけ決まった時間に毎日飲むことが大切です。習慣化することで体質改善にもつながります。

 

大量に飲むとお腹が緩くなってしまうことがありますので、一日に1袋を守るようにしましょう。

 

 

続けることがとにかく大事

快糖茶 継続

 

ダイエットに即効性はないので、毎日コツコツ続けることが大切です。美容や筋トレも一緒ですよね。すぐに効果が現れるわけではありませんので、しばらく使い続けてから使うのを辞めると「効果あったんだな」と気づく方もいるかもしれません。辞めたとたんに激太りした、体重が減らなくなったなどといった口コミもありました。正しい使い方を守りながら継続をしていきましょう。

 

私が体験した快糖茶の失敗談をこちらでしょうかいしています。興味があれば参考にしてください。